2011年03月09日

『ソムリエ』Vintage.20 ワインの時間

●今回登場のワイン
●シャトー カロン・セギュール 1990

エチケットがハートでチョコレートのような香りがする近年バレンタインで飲まれることが多いボルドーのワインです。
ジョニー・ディップが『マダム・フィガロ』誌で大好きなワインだと言ったとか。
画像をクリックするとお店に飛びます
シャトー・カロン・セギュール 1990





ワインとの素敵な出会いと時間が思い出になり、記憶になる。

それを城たちが今回教えてくれます。


結婚7周年を迎えたミッシェル夫妻。

だが2人は秘書が浮気相手ではないかと疑う婦人のせいでお店の中で喧嘩の真っ最中。

ワインどころの話ではない。

そんな2人に城が選んだワインはハートのマークが印象的な「カロン・セギュール 1990」

抜栓した後、デキャンタージュもせず香りが開くまで待つように言う城。


1時間経ってもそのままスタッフは何もしない状態に日本から来た木崎は苛立つ。

いつしかミッシェル夫妻は若い頃飲んだワインの話で盛り上がっていた。

城は香りが開いた事を伝えると2人は素晴らしいワインださっきとは違った表情で答える。


木崎は効率的ではないその様子に怒るのだが突然熱で倒れる。

城はその木崎をホテルで介抱しながらワインとの時間の大切さを説く。

ワインにはワインの時間があり、時にはその時間に合わせてみるのもいい。

その待つ時間で仲直りする人もいる。


木崎は若い頃飲んだカロン・セギュールで女を口説いた事を思い出す。

君が僕のカロン・セギュールだ。

家族に電話を掛けた木崎。

ハッピーバースデー

娘からの知らされた40歳の誕生日。

その横にあるワインもカロン・セギュールだった。

バー日本では考えられないようなゆったりとしたフランスでの食事。

ソムリエが選ぶワインとスタッフの連携が功を奏して二人を仲直りさせる訳だが、

今回登場したワインは日本でもハートのエチケットでバレンタインなどで定番ワインとなりつつあるワイン。

漫画の中でもセギュール公爵の名セリフが出てきます。

そして、ああ、やっぱりそう口説くのか?と感じるセリフ。

もうすぐホワイトデー。

同じ光景が見れるかもしれませんね。バー


★ランキングに参加しています。応援クリックお願いしますm(_ _)m★

人気ブログランキングへにほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村


ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)


posted by wine7 at 03:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ『ソムリエ』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。