2011年03月11日

『ソムリエ』Vintage.22 国産ブランド



今作品では筆者が日本のワインについて、問題(輸入濃縮還元ジュースを使ったワイン)を提起しています。


木崎部長は城のソムリエとしての素晴らしい能力に惚れ込んでしまったようだ。

毎日毎日ストーカーのように城の店に来てはあらゆる好条件を出して日本へ来るように誘う。

だがそんな好条件にも城はうんと言わない。

どうしても城が店に欲しい。

続きを読む
posted by wine7 at 07:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ『ソムリエ』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。